クレジットカード現金化

クレジットカード現金化 優良店ランキング 人気現金化業者で高い還元率を実現!【2022年度版】

クレジットカード現金化 優良店ランキング

急な資金繰りが必要となったときの悩みに答えてくれるのが『クレジットカード現金化』です。

今回は『クレジットカード現金化 優良店 』をランキング形式でご紹介します。

クレサポではたくさん口コミや評価を独自に情報を集め、評判の高い人気店を実際に利用したり、スタッフや経営者の方にお話を伺うなど現金化業界を色々な角度から調べ上げました。

その中でクレジットカード現金化業者を利用するなら使いたいと判断した優良店をご紹介します。

人気優良店を利用して様々なお金に関する不安を解消できる一助になれば幸いです。ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

クレジットカード現金化人気店BEST10 口コミ・換金率・対応スピードで徹底比較今使いたいカード現金化業者

クレジットカード現金化するなら?
クレジットカード現金化をするなら、現金化の専門店を利用する事をおすすめします。

クレジットカード現金化業者は優良店を利用しないと換金率は大幅に下がってしまいます。

クレジットカード現金化は優良店を利用すれば、限度額が即金でお金になるので優良店を探している方はたくさんいらっしゃいます。

クレジットカード現金化業者のHPに記載されている換金率は『最大換金率』であること、クレジットカードの種類や希望金額によって換金率が変動するといったことから、わかりにくく不安な印象をお持ちの方も多いかも知れません。

多くのクレジットカード現金化業者を調査してきましたが、還元率もTOPクラスで使いやすさも間違いないお店を探すのは非常に大変で、それほど店舗数も多くありません。

特に重視したポイントとして以下の4点を挙げさせていただきます。

重要視しているポイント

  • 運営年数
  • 換金率
  • 振込の速さ
  • 口コミでの評価

実際に多くの口コミサイトでも高い評価を受けている優良店ですから、納得出来る換金率で現金化できる期待も高くなります。

ぜひ参考にしていただき、満足度UPのクレジットカード現金化を実現してください!

クレジットカード現金化は優良店でなければ使う意味はありません

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約では禁止しているところも多く、あまり多くの限度額を現金化している事がカード会社に分かってしまうと、ペナルティーを受ける場合もあるので注意が必要です。

クレジットカード現金化業者で法人営業しているお店になれば、様々な工夫をおこない『クレジットカード停止処分の回避』の方法等に詳しく、多くの知見があります。

その点が自分でクレジットカード現金化をするときには分からないので、リスクになる部分でもあります。

クレジットカード現金化をする場合、クレジットカードの種類によって手数料に差が出ます。

換金したい金額が大きければ現金化業者も利益が大きくなるので「10万円」以上の多額の現金化が必要な場合などは、高い換金率が期待できます。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入してその商品を買い戻ししてもらったりキャッシュバックで特典を受け取る名目で現金化される仕組みなっています。

商品をクレジット決済しているので、利用分の返済はクレジットカード会社におこないます。

クレジットカード現金化業者で現金化するということは、カード会社への金利に現金化業者への手数料を支払うことになるので『キャッシングよりも金利は割高』です。

今回ご紹介するクレジットカード現金化業者は、実際に利用された方々の投稿や口コミで人気の現金化業者をご紹介させていただきます。

クレサポ人気コンテンツ
少額でも現金化したいときにはバンドルカードを利用して後払いで現金化

ショッピング枠を換金する方法
ショッピング枠換金 クレジットカードで現金化できる方法は世の中にどれだけある?

この記事の目次クレジットカード現金化 ショッピング枠を現金化するための8つの方法をご紹介しますクレジットカード現金化の方法とは? まずはクレカ現金化についてご説明します自分で現金化する場合のメリット・ ...

クレジットカード現金化とは?

ここからはクレジットカード現金化を全く知らない方のために、ショッピング枠を現金化する概要をご紹介いたします。

クレジットカード現金化という言葉はインターネットや街の看板等で見かけたことがある方も多いのでご存じだと思います。

この言葉を聞いただけでは何のことか分からない方がほとんどだと思います。

クレジットカードの現金化というのはどういう仕組みなのかご説明していきます。

これは違法ではないのか?

またはその方法についても詳しくご紹介していきます。

クレジットカードのほとんどはカードを利用して現金を借りることができるキャッシング枠と、ショッピングに利用できるショッピング枠があります。

ショッピング枠とは通常、お買い物の際にカード決済に使います。

このショッピング枠を利用して現金を入手する方法をクレジットカードの現金化と呼びます。

クレジットカード現金化は違法行為ではありません

クレジットカードの現金化は先ほどの解説でもご紹介の通り、正当な手段とは言い難いことは何となく分かっていただけたかとは思いますが、それが果たして法律違反になるのかというと、明確に法律違反とはいい難いのが現状です。

なぜならその行為自体は商品買取方式であれ、キャッシュバック方式であれ、商品を購入し、その商品が不要だあったから売却した、もしくはキャッシュバックを受けただけということになります。

最初から現金化を目的に商品を購入し、現金化のために商品を売却したという風に聞くと良い印象を持ちませんが、プレゼントをしようと思って商品券を購入したけれども、渡す予定がなくなってしまったので金券ショップで売却した、ということになると行為そのものが同じであるのに受ける印象がずいぶん違ってきますね。

このように換金目的であるとする判断基準が曖昧になりがちで、滴法か違法かの線引きを難しくはっきりしないグレーゾーンと言われる所以でもあります。

利用者に対して過度な利用を促すような行為をしたクレジットカード現金化業者が業務停止処分を受けるような事例は確認されています。

クレジットカードの現金化業者が警察に摘発されたケースもありますが、その罪は出資法違反でした。

現金化する際に手数料が法外であったため、出資法を適用し法外な金利(お金を貸したときに発生する利息)をとった金融会社という判断になりました。

つまり、現金化の行為そのものが違反と判断されたわけではないのです。

しかしクレジットカードの利用規約にクレジットカード現金化は認めていないと明確に記載しています。

規約を破ればクレジットカードの利用停止になるリスクはありますから、法律違反でないからといって過度に利用する事はご自身の返済額増につながるので計画的におこなう必要がります。

クレジットカードの現金化はご自身の判断でおこなってください。

利用者側に逮捕者が出ることは現在のところありません。

このことからも、利用者が納得できる換金率を提示し、サービスを提供ている場合においては、今のところ、クレジットカード現金化サービスが違法行為として問題になったりすることはありません。

クレジットカード現金化は決して手数料が安いサービスではないので、利用者は返済できる想定内での利用し、クレジットカード現金化業者も手数料を明確にし、利用者に分かりやすい状況を作ることが求められています。

利用を検討されている方で現金化業者の見極めをする際には、実際に現金化業者への連絡をしてみるといったあまり、気が乗らないような作業をしてみることも、現金化業者の良し悪しを探る上では有効な手段となります。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組み

図1


ここからはクレジットカード現金化の仕組みや手順について詳しくご紹介していきます。

クレジットカード現金化の概要はご紹介している図1の通りです。

指定された商品を購入し、購入代金に応じて2つのやり方のどちらかで現金が振込まれるという仕組みです。

クレジットカード現金化 買取方式

クレジットカード現金化をする際に利用される『買取方式』とは、クレジットカードで購入した商品を現金化業者が買取して現金化する方法の事です。

さらに具体的にお伝えすると、クレジットカード現金化業者が指定した商品をご自身のクレジットカードで決済し、その商品を現金化業者に買取ってもらいます。

買取の方法は様々ですが、郵送で商品を送るところもあれば、『ネット上で完結させる』現金化業者も存在しているようです。

※実際に商品のやりとりがない場合は現金化業者の違法性が疑われる場合があります

クレジットカード現金化 キャッシュバック方式

『キャッシュバック方式』とは、現金化業者が指定する『キャッシュバック特典がついている商品』をクレジットカード決済で購入し、その商品を購入する特典で現金化する方法です。

インターネットが普及し、多くのクレジットカード現金化業者がキャッシュバックの仕組みで換金しています。

クレジットカード現金化に潜むリスク

クレジットカードの現金化にはさまざまなリスクが潜んでいますのでそのリスクについてご紹介します。

クレジットカード会社が不正利用と判断すれば一括返済を求められる

クレジットカードの現金化はクレジットカード会社の利用規約に違反することなので、それが発覚した場合にはクレジットカードの利用停止や解約されてしまうことがあります。また解約された場合にはこれまでの利用代金の一括返済が求められる可能性もあります。
そうなると現金化の利用分だけでなく、通常の買い物の分やキャッシングの分も一度に返さなくてはいけなくなります。利用額が大きくなれば大きくなるほど、日常生活ですら困難になる状況は想像に難くありません。

自己破産が不可能になる

クレジットカードの現金化を行うと、最終手段である自己破産ができなくなってしまいます。クレジットカードの現金化は破産法第252条第1項第2号にある「不当な債務負担行為」にあたるとしてその場合は裁判所から免責(借金免除の許可)が下りません。クレジットカードの現金化によって一時的に自己破産で逃れようとしても最終的に自己破産すらさせてもらえなくなってしまいます。

金銭的に損をする取引であること

クレジットカードの現金化は手軽に現金を手に入れる手法として紹介されていますが、商品買取方式であってもキャッシュバック方式であったとしても、クレジットカードで購入した商品の金額以上の現金にはなりませんから使えば使うほど負債が増えていくだけです。
またクレジットカードで現金化した支払額と手に入る現金の差額がカードローンやキャッシングでお金を借りた場合の利息よりも法外な金額になります。手元に現金が入るまでのスピードは早いかもしれませんが、確実に損をしている取引であることは肝に命じておく必要があります。

クレジットカードの現金化を行わずカードローンなどをうまく利用してみよう

これまでクレジットカードの現金化についてご紹介してきました。
違法行為かどうかの線引きは曖昧かも知れませんが、決して褒められた行為でもありませんし、むしろリスクが多く潜む行為であることはご理解いただけたかと思われます。
どうしても現金が必要になったときはキャッシングやカードローンを正しく使用しましょう。これらのサービスでも早いところでは即日融資が行われるところもあり、緊急性の高い場合にも十分に対応できます。
目先のお金に釣られれることなく、正しい方法で正しくお金を使っていくことが普通の生活を送る秘訣だと思われます。

クレジットカード現金化優良店を選ぶためにコツを教えます!

クレジットカード現金化をしようと考えていろいろなサイトを見ていると必ず出てくるのが現金化業者選びの重要性についてです。

どんなサービスも同じですが、初めて利用するときには右も左も分からずに不安な想いも強くなりがちです。

また、少しの情報でつい信用してしまいがちになります。

そのようなことがないように現金化業者の利用が初心者の方に安心して現金化をしてもらえるように5つのポイントを伝授したいと思います。

現金化業者選びの5つのポイント

  • 口コミ評価を確認する
  • ホームページをしっかりとみる
  • 振込速度を確認
  • 換金率の確認する
  • 現金化業者スタッフの対応

冒頭でクレサポが現金化業者を見極めるうえで重視しているポイントと被る要素がほとんどですが、上記5つのポイントは非常に大切だと考えています。

サービス面が現金化業界の水準に達しているかの判断が出来れば、クレジットカード現金化を失敗する確率をかなりの割合で軽減できることは間違いありません。

しっかりと見極めていきましょう!

クレジットカード現金化に関するトラブル事例

クレジットカード現金化のサービスには多くのトラブルや被害報告が寄せられています。どのようなものかというと、利用者側の落ち度は全体の10%程度で、あとは現金化業者側の問題です。

利用者の落ち度とは、計画的に引き出すだけお金を引き出し、計画的に自己破産をするといったケースです。

当然、全ての業者がこのようなトラブルや問題を起こしているわけではありません、一部の業者が起こす問題が悪質であるため、業界全体にその悪質なイメージが定着してしまっています。

どのようなトラブルが多いのか調べてみたところ、以下のようになります。

多発するトラブル事例

  • 広告よりも低い還元率だった
  • 多額の手数料を請求された
  • 約束した金額が振込されず
  • 利用を強要された

このような被害が最も多く寄せられています。

広告よりも低い還元率だった

まず、はっきりと申し上げるべきことは、現金化業者の載せている広告の換金率はあくまで換金率であり、実際に手元に残る金額は手数料やその他の経費を引かれた金額です。

過大広告が非常に多いのは、この業界の悪しき習慣ですが、大抵のクレジットカード現金化業者の場合、手元に残る金額はクレサポの実際の利用調査では、70%〜80%です。

それ以上はないと考えてください。それ以下は大いにありえます。

まず、クレジットカードの現金化とはそのようなサービスであるとの認識を持つ事がポイントです。

90%を超える金額が手元に振り込まれることなど常識的にあるはずがありません。

その上で利用をお考えの方は、少しでも高い利率で振込をしてくれる業者を選ばなければならないのです。

多額の手数料を請求された

このトラブルのケースでは、振込の直前まで、手数料の話をせずに、あたかも広告の通りの還元率で振込をするような雰囲気で申込まで進みいざ振込の段階で手数料を要求するというやり口です。

多くの現金業者では、最初にかかる手数料を明確にして、実際に振込される金額を伝えてくれます。

手数料や振込される金額は、申込の段階で明確にしておくことが非常に重要です。

約束した金額が振り込まれなかった

このケースでは、完全に最初から、計画的に少ない金額を振込することを計画している場合がほとんどです。メールやその現金化業者のHPなどに見えないように手数料の記載をして見てない利用者が悪いといったような主張で振込金額を少なくするという手口です。

このような行為は詐欺行為と認められますので、すぐに警察に被害届を出して下さい。

しかし、残念ながら、被害に遭ったお金が戻るケースはほとんどないと考えて下さい。

利用を強要された

このようなケースも多く報告されています。

実際の手数料を知らされて、利用をキャンセルしようとしたところ、多額のキャンセル料を請求されて、半ば強制的に利用を促すという手口です。

現金化業者の中には非常に横柄な態度の従業員がいると聞きますが、現金化業者も仕事として取り組んでいるので、利用者の対応によって、横柄になったりすることもあるようです。

キャンセルするしないは利用者の自由です。しかし、現金化業者に対して、嘘つき呼ばわりしたり、話が違うなどと食ってかかるのはお互いにとって時間の無駄です。

振込してくれる金額が自身の希望に届かない場合は、速やかに電話を切り、他の現金化業者を探すのが理想です。

クレジットカードのショッピング枠現金化の手数料

クレジットカードのショッピング枠現金化をする場合、『手数料』が発生する場合がほとんどです。

クレジットカード現金化業者のHPを見ると、最初から手数料を差し引いて換金率を表示している場合もあれば、表示している換金率とは別に手数料を引かれる場合もあります。

一部の悪質な行為をしている現金化業者は、この手数料が非常に高く結果的に『低い換金率で現金化してしまった』という事もよくあります。

悪質現金化業者の手口に乗らないためには、手数料について『正しい知識』を身に着ける事が大切です。

クレジットカード現金化が必要とされている理由

クレジットカードのショッピング枠現金化とは、どうしてもお金を使いたい理由があり、消費者金融などに頼らない『現金調達の方法として利用することの出来る数少ない方法』です。

クレジットカードのショッピング枠現金化とは非常にわかりやすく、クレジットカードの『ショッピング枠の限度額を利用して現金化』するものです。

現在消費者金融から借入が困難(査定に通らない、限度額まで借りている)な方でも、お持ちのクレジットカードの買物枠の限度額に空きがあれば、すぐに現金に換金することができます。

クレジットカードのショッピング枠現金化は、『買取方式』『キャッシュバック方式』の2種類が使用されます。

最近の現金化業者の中には違う換金方法を用いるところも出てきていますが、ほとんどがこの2種類の方法のどちらかを使い現金化してくれる事が多く、とくにキャッシュバック方式を利用している現金化業者が増えてきています。

悪質な現金化業者が要求する高い手数料には気をつけよう

クレジットカード現金化業者の中には非常に高い手数料をとる『悪質な現金化業者が存在しているので注意』してください。

しっかりとしたクレジットカード現金化業者では、HPに記載されている換金率とほぼ変わらない利率で現金化してくれます。

しかし、多くの現金化業者のホームページに記載されている換金率は、手数料が別途発生する場合や『最大換金率として表記』している場合もあります。

そのため、利用希望額に応じて受け取れる金額が記載してあるように見えて、実際はそこから手数料が引かれるので振込される金額は表記されている換金率よりも低くなってしまうこともたくさんあります。

利用する金額やクレジットカードの種類によって換金率を変えている現金化業者もあるので、ホームページ上で記載されている換金率より10%以上低い換金率が適用されることがほとんどです。

万が一、この記事をご覧の方が現金化業者のHPに記載されている金額で現金化出来るとお考えでしたら『損をした』とお感じになるので利用は再検討した方が良いかもしれません。

クレジットカード現金化の手数料や換金率の実態

クレジットカード現金化を利用する方の多くは、他に金策の手段が思いつかず最後の手段としてクレジットカード現金化を利用するケースが大半です。

最後の手段とはいえ、どうせ借金をするわけですから『できるだけ多くの現金を手にしたい』と考えます。

そのためにたくさんの現金化業者のレビューや口コミを確認していくつかの現金化業者を比較し高い換金率を表記している現金化業者を見つけようと努力すると思います。

近頃、クレジットカード現金化業界では現金化業者の出店数が非常に多くなってきているため、各現金化業者は競合よりできるだけ高い換金率に設定する事で利用者の拡大を目指しています。

中には、ライバル企業よりかなり高い換金率に設定している現金化業者もあり、そのような現金化業者を選択する事が出来れば非常にラッキーです。

しかし、いくら競合が多いとはいえ、現金化業者の相場を大きく超えるような換金率の場合『ご自身の状況で必ず高い換金率が適用されるとは考えない』方が良いでしょう。

また、そのように非常に高い換金率を表記している現金化業者に限って『手数料が20%以上』なんてこともあるので十分に注意してください。

現金化業者もビジネスですから90%を超えるような高い換金率はほとんど期待できません。

実際のところクレジットカード現金化業者の換金率の相場はどれくらい?

クレジットカード現金化は換金率「95%の換金率」からたくさんの名目で手数料を引かれる事もあります。

「95%の換金率」から、決済手数料15%、配送料5%、支出税8%、振込手数料2%といったようにたくさんの項目の手数料が差し引かれ、結果的に「換金率 65%」の現金の受け取りになります。

クレジットカード現金化についてあまり知らない方は、申し込みをする際に9万5000円を受け取れると思っていたと思いますが、実際は6万5000円しか受け取れない事になります。

現在、クレジットカード現金化業界の換金率の相場は75%〜85%程度と言われています。

最近の現金化業者の優良店では、最初にきちんと掛かる経費を差し引き『実際の換金率』を教えてくれます。

悪質な現金化業者は多くの項目の手数料を利用者に伝え、後から多額の手数料を要求します。

クレジットカード現金化を利用するうえでの注意点

クレジットかカード現金化というサービスを利用するうえで注意しなければならない事があります。

この記事でもところどころでご紹介していますが、改めて注意点をまとめてみました。

カード現金化の注意点

  1. 現金化がばれないように気を付ける
  2. 現金化業者選びに注意
  3. 使いすぎないように注意する

あらためてショッピング枠現金化について上記3項目は、おさえておくと良いでしょう。

不要な疑いをもたれないように現金化に関する法的な理解する

よく、様々なサイトでクレジットカード現金化は違法ではないといっているサイトがありますが、クレサポの見解では、どちらとも言えないというのが見解です。

クレジットカード現金化業者は貸金業の許可を受けているところはありません。

貸金業の認可を得て仕事をすれば出資法違反となるからです。

多額の手数料を利用者から、受け取ったとして実際に現金化業者が逮捕された事もあるくらいなので、たとえ手数料が20%だったとしても出資法に当てはめれば違法行為となります。

警察としては、違法行為だから逮捕しないのではなく、よほど悪質でない限り、様子をみているというのが実態です。

表立っては様々な機関でクレジットカード現金化に対する注意喚起が出ています。

利用する際にはくれぐれも悪質な現金化業者を利用しないように注意が必要です。
クレジットカード現金化を利用する際にはご説明した実態をよくご理解の上、利用の際には、きちんとした返済の目処を立てる事が重要です。

クレジットカード現金化業者選びに注意する

近年、クレジットカード現金化業者の口コミサイトや情報サイトが非常にたくさんあることは、この記事をご覧の方ならご存知だと思います。

よく、利用者の口コミを投稿しているサイトが検索ランキング上位にいますが、はっきりと申し上げて95%以上の投稿が真っ赤な嘘です。

クレジットカード現金化を利用する方々の特徴として、周りに知られたくないという方の方が圧倒的に多い想像がつくと思いますが、そのような方々がいくら匿名とはいえ、自分の体験談などをネットに投稿するはずがありません。

悪い評判ならまだしもいい評判はほとんど嘘だと思う方が懸命です。

実際の現状を正しく伝えている比較サイトを利用することをお勧めします。決して、業者にとって有利な口コミを載せているようなサイトには騙されないようにして下さい。

もし、申込をしてみたいと思う方がいれば、申込後にすぐに利用するのではなく、実際に手元に振込される金額等を事前に確認することがお勧めです。

  • 口コミ投稿ができないような口コミサイト
  • あまり情報が掲載されていない比較サイト

このようなサイトはあまり参考にされない方が良いでしょう。

実質換金率を理解する

クレジットカード現金化業者の掲載している広告には非常に高い、還元率・換金率の表記が掲載されています。

しかし、現金化業者はその還元率・換金率に必ず、手数料を要求します。

名目は色々と言ってきますが、大事なのは、どこの現金化業者も必ず手数料をとるので、実際に手元に残る金額は70%〜85%程度になるということです。

利用金額が非常に高額であったり、なんども同じ現金化業者を使っているという場合には、多少、高くなることはあるにせよ、それはごく稀なケースで、あり、自身には起きないことだと考えて下さい。

現金化業者も利益が出なければ仕事になりません。

非常に高い還元率・換金率をあてにして現金化業者に連絡をしてまうといざ、大事な資金繰りの時間を無駄に使うことになってしまいます。

もし、利用をお考えであれば、多少の手数料がかかることは理解した上で利用しなければなりません。

現金化情報の口コミはどれくらい信用できる?

インターネット上にある口コミや評価の星印を見たことはあると思いますが、どれくらい信用されていますか?

ユーザー参加型の代表的なサイトといえば、食べログが有名です。

その他にもいろいろな業種でユーザーからの口コミ投稿をメインとした評価サイトが存在します。

Amazonギフト券買取で有名な買取サイトの口コミ投稿も最近では見かけるようになりました。

しかしその口コミは当然すべて真実だと考えるには無理があります。

食べログに関して情報を集めていると、店舗側が知り合いやバイトに命じて嘘の高評価を書かせるような事が取り沙汰されていました。

しかしこれは氷山の一角で、ほぼ全てのお店が何かしらの形で自分のお店を良く書いてもらおうと必死になっています。

大手口コミサイトでもやらせが問題になっているというのが口コミ業界の現状になっています。

例に漏れず、現金化業者の間でも口コミでのやらせ投稿が当たり前になっているようです。

残念ながら、多くの嘘の口コミが蔓延していると問題になっているのです。

たとえどんな口コミであってもその情報源が明らかでない場合には何の信憑性もありません。

現金化に関する口コミはほとんどがでたらめ?

情報弱者という言葉はご存じですよね?

人を馬鹿にするような時にも使う言葉で著者は好きな言葉ではありません。

情報弱者とはインターネット上の情報を自分で考えることもせずに鵜呑みにしてしまう人のことを指します。

インターネット上の情報を鵜呑みにすると何が怖いのか?

インターネットの最大のメリットでありデメリットな部分はご存じのように誰でも情報発信出来るという事です。

インターネットを利用するのに審査は必要ないですし、スマホやパソコンを持っていれば誰でも情報を発信できます。

そう考えると、そもそもインターネットの情報を信じることの方が間違っている気さえしてきます。

そうなれば、現金化の口コミ投稿もある程度は嘘が混ざっていると考える方が合理的です。

情報弱者とならないようにするためにもソースを確認せずにネットの書き込みを必要以上に信じてしまうのは危険です。

現金化だけに限らず、インターネット上の口コミはあてになる情報は少ないのかもしれません。

現金化の口コミに騙されないようにするための3つの方法

さて、現金化の口コミに騙されないようにするためには何が必要になってくるでしょうか。

  1. 目的を持って調べる
  2. 言葉の意味や意図をくみ取る
  3. 口コミはあてにならないと考えておく

目的を持って口コミを活用する

口コミを普段はただ何となくみているだけになっていませんか?

インターネットの口コミをただ見ているだけだと目的を見失ってしまうことが多々あります。

信頼できる現金化業者を探していたはずなのにいつの間にか高換金率の業者をただ探してるなんてことはないですか?

目的をしっかり定めていかないと、とんでもない方向に行ってしまうことがあるので注意が必要です。

目的がはっきりしていると情報の取捨選択がしっかりできていくのですが、目的を持たないままにやっていると全部の情報を取り入れてしまうことになります。

それで目的がないままに進んでしまうと情報の真偽が全く分からなくなってしまうのです。

その結果、ウソの情報に振り回され目的とは違う方向に流されてしまうのです。

口コミの表現や感情を汲み取る

高い換金率で換金できました。ありがとうございます。

急な出費で困っていたときに〇〇ギフトで現金化しました。換金率は85%と高かったのですが、振込までに5時間も待たされてしまいました。

2つの口コミを見たときにどちらを参考にされますか?おそらく後者ではないでしょうか。

後者の方が情報量が多くて信憑性がありますよね。

しかし2つの口コミを見て分かることですが、前者の口コミばかりだとどう思うでしょうか。

口コミには前者のような全くただの感情のみの投稿も多く客観性に欠ける投稿も存在するのです。

意味のない口コミでも読んでいるとほんとのことのように聞こえる事すらあります。

現金化に限らず口コミは数ではなく、信憑性です。

しっかりと契約内容まで詳しく書かれた情報がしっかりあるものを選ぶのが口コミでだまされないために大事なこととなってきます。

専門的には『ファクトチェック』なんて言われています。

口コミ投稿は嘘っぱちだと思い続ける

非常に大事なポイントですが、信憑性の高い口コミでも読んでいる口コミはウソかもしれないと少しくらいは考えておくことです。

特に私たちは良い話ほど信じたくなります、ご経験があるという方も多いのではないでしょうか?

ですが、世の中にそんなうまい話はないです。

ネットショッピングでもそういう経験をした方も多いはずです。

たとえ真実だったとしてもそれがあなたにとって有用な情報であるかどうかは違ってきます。

「振込スピードが早かった」という口コミがあったとします。

しかし振込スピードが1時間だっとしても早いか遅いかの感覚は人それぞれです。

予定まで時間に余裕がある人だったら5時間かかった振込でも即日であれば早いと感じる方もれば、1分でも早く現金化したいと思っている人には5時間は時間がかかり過ぎになってしまいます。

現金化をするうえで、リアルな体験は貴重な話ですが、ウソやヤラセ、個人的な感情での投稿も多く、なかなか優良店とよばれるクレジットカード現金化業者にたどり着けません。

口コミを見るときにはあまり信じすぎない行動が求められます。

しかし注意をせずに口コミに騙されて失敗してしまう方々もいます。

そんな方々の失敗体験をいくつかご紹介します。

どんな風に騙されてしまったのかスタッフの体験談をぜひご覧ください。

現金化の口コミを信じて損をした体験談

30才男性

私は現金化の口コミを信じてカード停止になりました

33歳のときに営業職をしていたのですが、そのときに仮想通貨の投資にハマってしまったんです。パチンコ、競馬、競輪、その他も何でもやっていました。

仕事中もずっとチャートを眺める日々でした。

正直に言ってもう100万近く貯金がなくなりました。

そんなことをしていると消費者金融からお金を借りる羽目になって、その限度額いっぱいまで借りてしまって。

それでも仮想通貨って100倍、200倍になる草コインもあるのでって一発当てて全額返済してやると思うようになってしまってたんです。

そんな時にクレジットカードの現金化をしてみました。
ちょっと調べてみると、違法でもないみたいですし、パチンコの景品交換みたいな仕組みだと思ったんで、電話してみました。

サイトを選ぶときは適当に検索したときに出てきた口コミサイトを見て、上から換金率が高いところを選びました。

換金率が高い方が優良業者だと思っていたので、ひたすら換金率の話ばかりしている口コミを見ました。

そして、新幹線の回数券を買えば95%の換金率であることを知ったんです。

換金率95%なら手数料は5%だけじゃないですか。

これなら利用するしかないと思ったんです。

買取金額も質屋で95%だって言ってたので最悪、質屋に持っていけば騙されることもありませんしね。

現金化の口コミで

新幹線の回数券が一番高い換金率!

現金化で損をしないなら新幹線の回数券がおすすめ!

なんて書いてあったのでそれが後押しになりました。

新幹線の回数券は来店型の業者に行けば取引できると聞いたので、何軒か現金化業者を回ったんです。

どこの業者も93%〜96%の提示があったので換金率については何の心配もなかったですね。

その中でも96%と一番高かった現金化業者を選びました。

はじめに申込みをして指定された新大阪ー東京駅間の新幹線の回数券を買って売却しました。

もらえた金額は確かに164,280円の96%の157,700円を手渡しでもらったんです。

詐欺の可能性がなくて、換金率96%で現金化できたので現金化の口コミには感謝していたんです。

でも突然、クレジットカードが使えなくなってしまったんです。

カードの故障かと思ってクレジットカード会社に連絡したら第三者の不正利用の疑いがあって利用停止にしたとのことです。

ーはじめは第三者の不正利用が疑われての利用停止だったわけですね。
ちゃんと本人が利用したものだと説明して、クレジットカードの利用停止を解こうと思ったんですが、そうしたら新幹線の回数券は何に使ったんだって聞かれたんです。

カード会社に現金化がバレてはまずいというのは分かっていたので何とか誤魔化そうとしたんですがね。

クレジットカードも利用停止になって、悪質だということで強制退会処分になってしまったんです。

何とかお金がないことを話して返済を待ってもらいましたが、信用情報には遅延という記録が残ってしまいました。

新幹線の回数券は高い換金率だとは口コミに載っていましたが、利用停止になるとはおもってもみませんでした。

40代男性

私は換金率70%程度にしかなりませんでした


クレジットカード現金化を使ったのは2chでの口コミを見たのがきっかけでした。

あのときは配送のバイトをして3年くらい経っていたころにお金がなくって、これだ、と思ってしまったんです。

ウソの口コミはあるとは思っていたんですが、なんとなく信じてしまって。

大丈夫かなと思ってしまってたんです。

今から思い返すと焦っていた気持ちがあったんだと思うんです。

冷静に考えれば98%の換金率なんてあり得ない話だと分かるはずだったんですけどね。

〇〇ギフトなら98%の換金率で取引しているよ!

他の口コミも見たんですが、どの口コミでも換金率96%以上などと書いたりしてて。

現金化業者に電話して契約内容を確認したときもお店の人に「当店をご利用していただけるなら98%の換金率で取引しますよ!」とはっきり言ってもらえたんでショッピング枠を20万円分使って現金化しました。

でも入金されたのは換金率70%の14万円だけだったんです。

ー現金化業者に問い合わせはしたところ、利用規約に「換金率は最大98%で利用金額の100万円以下は70%程度になる事はホームページに書いてあるといわれました。

確認したら本当に小さな文字で書かれていました。

口コミさえなければその現金化業者を使わなかったのかなと今になって思います。

自分は情報弱者だったのかなと反省もしています。

よく調べてみたら利用規約詐欺っていう有名な詐欺の手法だったみたいで。

でも口コミランキングとか見てると全くそんな風には分からなかったです。

警察にも電話しましたが、取り扱ってもくれないのであきらめました。

利用規約に同意してる事もあって、同じお店でそういう人が結構いるみたいでした。

罪は問えてもお金が戻ることは期待しないほうが良いくらいの感じで言われたのを覚えています。

20代女性


私は紹介詐欺という手口にやられました


私が現金化を利用しようと思ったきっかけはジ○ニーズのコンサートやグッズの購入にお金が続かなくて地方のコンサートに応援に行くにもお金がすごくかかってしまって、、。

たまたまその月はファンクラブのチケットの抽選に連続してあたってしまい、お金を使いすぎてしまって10万円くらいお金が足りなくなってしまいました。

何とか現金を用意できないかと考えてクレジットカードの現金化の口コミを見ました。
いちばんすぐにお金になりそうで簡単そうだったのでやってみようかなと思いました。

カードの規約違反かどうかは正直あまり気にしませんでした。

悪いことをしているなんて感覚も全くありませんでした。

はじめはネットで少し調べていただけなんですが、口コミを見ていると合法であることも分かりましたし、これなら現金がすぐ手に入ると思いました。

そのまま口コミを読んでるうちに換金率が高いと書かれている口コミに目が行くようになりました。

さっそく現金化業者(A社)に電話をかけると審査があると言われ、クレジットカードの写真を送れと言われました。

何で現金化でクレジットカードの写真が必要なのかと思いましたが、クレジットカード現金化という言葉からそうするものなんだと思い送りました。

しかし、10分ほど待たされて「当店では利用できません」ということでした。

理由を聞いてみると私の信用情報に問題があったみたいで、そして同条件で現金化してくれる現金化業者(B社)を紹介されたんです。

すぐにB社に連絡をして申込みをしました。

そのまま現金化もできてホッとしていたんですが問題はその後でした。

A社から紹介手数料として、利用金額の20%を請求されたんです。

私が利用したのはB社であって、A社に払う必要はないと思ったんですが、しかしA社は「紹介した手数料ですからお支払いいただかないと困ります。と言われました。

手数料を支払うのが当然だと言われました。

拒否をしてたんですが、裁判所に訴えますよと言われ、裁判となると仕事に支障が出ると思ったのと、そもそも怖かったので支払うことにしたんです。

あとで知人に話したところ紹介屋詐欺に騙されたことを知りました。

実際に現金化業者の口コミを確認するときは今回お伝えしたお話を十分考慮して利用して下さい。

業者を使わないクレジットカード現金化の方法も存在している

ご紹介しているクレジットカード現金化というサービスですが、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、その商品を少しでも高く現金化するという非常に単純な行為です。

この記事をご覧の方でも、現金化業者に頼らずに自分でカード現金化が出来るのではないか?

とお考えになった方もいらっしゃると思います。

せっかくこの記事をご覧いただいているので、ご自身で、90%近い換金率を実現できる現金化の方法から、その他、いくつかの現金化の方法をご紹介したいと思います。

Amazonギフト券買取を利用して現金化

まずは現在、最も手軽に高い換金率を実現できる方法をお伝えしていきます。

それはAmazonギフト券を買取サイトという電子ギフト券を専門に扱う買取業者に売却して換金する方法です。

Amazonギフト券買取サイトでは、Amazonギフト券を90%近い換金率で現金化出来る非常に便利な現金化方法です。

Amazonギフト券買取サイトは24時間申込を受け付けているので、Amazonギフト券をお持ちであればいつでも現金化する事が可能です。

Amazonギフト券は、アマゾンのホームページから購入する事が可能で、アマゾンの公式サイトを利用すれば、クレジットカードで購入できます。

もし、まだ、Amazonギフト券を利用して現金化をした事がない方はぜひ、お試し下さい。

Amazonギフト券現金化の注意点

Amazonギフト券を利用した現金化の方法ですが、いくつか気をつけたいポイントがあります。

  • 多額の換金は控える
  • 頻繁に利用することは避ける

なぜ、多額の利用は控えるべきなのか?

今やAmazonギフト券は、他の換金性の高い商品券と変わらない換金率で買取が行われています。

そのため、クレジットカード会社に換金目的のAmazonギフト券の購入だと判断された場合は、残債の一括返済や、クレジットカード利用停止のリスクがあります。

あくまでも個人で使用するための購入でないと、クレジットカード会社の規約に違反してしまいます。

具体的に、いくらまでが個人使用の範囲なのか?ということに関しては、個々の限度額や、これまでの利用状況によって変わります。

そのため、クレサポでは換金目的での利用を推奨することはできませんが、少額での利用であれば、急場で現金が必要な際には大いに役に立つ換金方法と言えるのではないでしょうか?

続いてなぜ、頻繁に利用することを避けるべきなのか?

これについても基本的には前記した理由と同様で、頻繁に、特に決まった時期に同じようにAmazonギフト券の現金化を行えば、可能性として、換金行為と判断されてしまいます。

どれくらいの頻度であれば問題ないのか?

という問題についても、クレジットカード会社の判断になるので明確な基準はありません。

クレジットカード会社は返済能力に問題があると判断すれば、容赦なくカードの利用停止措置を取ることは明白です。

クレジットカードのショッピング枠は、あくまで商品の購入に対して利用できるもので、同じ借金ですが、キャッシングとは異なる貸付です。

もし、Amazonギフト券を利用した現金化をお考えであれば、少額の利用に留め、頻繁に利用することは避けるのが賢い利用方法と言えます。

その他、みどりの窓口で、新幹線の回数券を購入して、金券ショップに買取に出すという方法もクレジットカードを利用した現金化の方法として挙げられます。

東京-新大阪間や、東京-名古屋間といった頻繁に企業が出張などで利用するような回数券になればなるほど高く買取してくれます。

この方法もクレジットカード会社に換金目的が分かってしまうとカード利用停止の恐れがありますので利用回数は極力少なくすることをお勧めします。

著者も実際に出張にいく機会が多く、クレジットカードで回数券を購入していたのですが、特にカード会社から連絡を受けるようなことはありませんでしたが、換金目的で無い場合は、なんの心配もなく利用できますが、換金目的となれば、万が一、理由を尋ねられた場合にはしっかりと受け答えができなければなりませんので注意が必要です。

クレジットカードのショッピング枠現金化優良サイト ランキング発表を終えて

いかがでしたでしょうか?

クレジットカード現金化業者の性質は現金化業者各社で異なります。

ご自分にあった、安心できる優良業者を見つけて、今のお金の悩みをスグに解決するお手伝いができればと思い、「お勧め順にランキング形式にて業者を解説しました。

現金化業者が広告に出している換金率での現金化は難しいですが、それなりの換金率を実現することは、可能です。

ぜひ、安心できる優良業者を見つけていただき、少しでもお金の悩みを解消していただけるお手伝いができれば幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

高額換金・迅速振込・来店不要・安心と安全をお約束する現金化優良店

これからご紹介する現金化優良店は、高額換金・素早い振込・来店不要・24時間受付を叶えるので安心してご利用いただけます。

優良店と認定できる現金化業者はわずか6店と少ないのが現状です、間違って悪徳業者を利用しないようご注意ください。

スピード1

speed1

お客様満足度98.7%を誇るスピードワンは、信頼度も十分で数ある業者の中で最もおすすめできる現金化優良店です。

最大98.7%という業界トップの換金率、最短3分というスピード振込は急ぎでお金が必要な人にも安心。業界最大手が提供する満足度の高い現金化をゼヒ体験してください。

換金率 最大98.7%
入金スピード 最短3分
営業時間 24時間365日
対応現金化 ペイディ・バンドルカード・後払いアプリ・バーチャルカード・クレジットカード※Paidy Apple枠専用とAtoneは非対応

即日アリアちゃん

aria

後払い系の決済アプリを現金化するなら即日アリアちゃんへ!
業界では名前を知らない人はいないほどの大手優良店です。

換金率や入金スピードも最高水準のサービスとなっています。
また24時間365日の営業時間の完全オンライン型となるので
いつどこにいても現金化が可能となっています。

換金率 最大98.6%
入金スピード 最短10分
営業時間 365日いつでも受付
対応現金化 ペイディ・バンドルカード・後払いアプリ・バーチャルカード・クレジットカード・キャリア決済

アイペイ

アイペイ

創業13年の安心の実績を誇るアイペイ!利用者数は12000人を突破!最近豊富なキャンペーンを行っている注目企業です。

現在はペイディやバンドルカードなど後払いアプリの現金化に力をいれており最大98.5%の高額換金率・最短5分振込を提供。

多くの利用者が愛用している後払い系の現金化ではまず利用したい会社です。

換金率 98.5%
入金スピード 最短5分
営業時間 24時間受付
対応現金化 ペイディ・バンドルカード・後払い系決済アプリ・バーチャルカード・キャリア決済・クレジットカード

ギフトキャッシュ

giftcash

ギフトキャッシュは安全性を第一に考えるお客様至上主義を貫く優良店です。

他社より1%でも高く換金しますというくらい顧客ファーストな営業は安心できます。
10,000件以上の実績もあり、また換金率や入金スピードなど、どれをとっても優良店の資質をクリアしています。。少しでも多くのお金を受け取りたいならギフトキャッシュを利用で間違いありません。

換金率 最大98.3%
入金スピード 最短10分
営業時間 9時〜23時
対応現金化 ペイディ・バンドルカード・後払い系決済アプリ・バーチャルカード・キャリア決済・クレジットカード

ファミリークレジット

family

ファミリークレジットは業界初の担当指名制度を設けており、利用者がより取引しやすいようにしています。利用者も毎回使う度に違う人が担当になるより同じ人が対応してくれた方が利用しやすいでしょう。そのためリピート率は93%を超えています。

換金率や入金スピードも業界最高水準です。安心して利用できます。

換金率 最大98.5%
入金スピード 最短3分
営業時間 24時間365日
対応現金化 ペイディ・バンドルカード・後払いアプリ・バーチャルカード・クレジットカード

-クレジットカード現金化

© 2022 クレサポ Powered by AFFINGER5