Amazonギフト券現金化

Amazonギフト券 を利用した詐欺行為に注意して下さい【注意】

更新日:

Amazonギフト券を使った詐欺事件が多発?

Amazonギフト券 買取詐欺を行う買取サイトが存在していました

Amazonギフト券の換金を希望している方で、Amazonギフト券の買取を依頼したところ、なぜかクレジットカードの写しを要求されるケースが出てきます。

安心できるAmazonギフト券買取業者というのは、クレジットカードの写しは要らないので、クレジットカード情報を要求するようなことは決してありません。

Amazonギフト券を買取業者に回トゥてもらう場合に必要なものは初回利用の方は

身分証明証
Amazonギフト券

だけなので、身分証明書以外にメールや電話連絡でクレジットカードの情報を提示するように求めたり、ご自身の借入状況や家族構成のようなものを聞いてくるような買取業者には注意して下さい。

このような買取業者を選ばないためにも最低限Amazonギフト券を換金する際の注意点などを確認しておきましょう。

Amazonギフト券の残高を換金
Amazonギフト券の残高は現金化出来る? | 85%以上の換金率を実現できる Amazonギフト券残高現金化 の方法をご紹介します

クレジットカードの写しはAmazonギフト券買取では不要

Amazonギフト券の買取依頼を買取サイトに申込する際には当然クレジットカードの情報は必要ありません。

クレジットカードショッピング枠を現金化しているわけではないので万が一買取業者の方から何らかの形でクレジットカード情報を聞かれた場合には注意が必要になります。

必要のない情報を聞き出し、個人情報を闇金などに流してしまうタチの悪い業者もいますので注意して下さい。

クレジットカードの情報を悪用して、現金を不正に得ようとしている悪質詐欺集団のやり方です。

Amazonギフト券の換金で必要なものは、身分証明書とメールで送信できるAmazonギフト券のPINコードです。

Amazonギフト券のカードタイプを買取してもらいたい方は、ギフトコードさえ送信できれば買取申込が可能なのでAmazonギフト券のカード自体を買取業者に送らなくても大丈夫です。

買取業者が「カードの写しをお願いします」など、本来必要のないものを要求されている場合には、間違いなく悪質業者が絡んでいると考えて注意して下さい。

Amazonギフト券買取で失敗しないやり方
Amazonギフト券を買取サイトで換金 | 失敗しない申込のポイントを解説します

Amazonギフト券の買取では身分証明書以外を出さないこと

Amazonギフト券の買取では、クレジットカードに関連する情報は必要ありません。

また振込先の銀行口座以外に、複数の銀行口座を聞いていきたりと必要のない情報を要求する場合は悪質な買取業者と考えて下さい。

これらの買取業者については、絶対に近づかないようにして、余計なご自身の個人情報を出さないようにしましょう。

悪質な買取業者は、個人情報などを売却したり、クレジットカード情報を不正利用しようとしているのでそもそもAmazonギフト券の買取サービスは行っていません。

おかしいな感じるような個人情報を要求さレテいる場合は詐欺の可能性もあるので、すぐに他の買取業者を探すのが懸命です。

メルカリで話題の現金化とは?
メルカリ後払い現金化 月一払いは換金できる?方法や手順を解説します

Amazonギフト券買取サイトは身分証明書があればOK

買取業者の多くは古物商の認可を得て買取サービスを行なっています。

そのため身分証明書は、買取業者を1番最初に利用する際には古物商許可証を持っている業者なら間違いなく要求されます。

買取サービスを健全に運営している買取業者であれば、身分証明書以外の要求はおこないません。

それ以外の情報を求められない買取業者を利用すると良いでしょう。

Amazonギフト券買取サイトでカード情報を要求された場合は注意 まとめ


今回は、Amazonギフト券の買取をおこなう買取業者(買取サイト)の中で、不正にクレジットカードの情報やAmazonギフト券のコード番号を聞き出したり、大切な個人情報を不正に横流しするといった悪質な行為を行う買取業者が存在している事実についてご紹介させていただきました。

買取業者(買取サイト)を利用する際に注意しなければいけないことを下記にまとめました。

買取サイト利用上の注意点

  1. クレジットカードの情報は開示しない
  2. 身分証以外の提示はしなくて良い
  3. 勧誘行為には付き合わない

買取サイトの中でも上記のようなことをする業者は最近ではごく一部です。しかし、いつそのような買取業者に巻き込まれるとも限りません。出来る限り怪しいと感じた買取業者は利用しないことが理想です。

クレサポでは数ある買取業者の中で、特にお勧めの買取サイトをご紹介しています。

Amazonギフト券を買取に出す際には、ぜひ、参考にしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキング第1位
アマトレード

アマトレード

アマトレード 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は好待遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最短60分
振込手数料 振込手数料0円(買取店負担)
備考 安心の運営体制!
※換金率は日々変動しています


ランキング第2位
買取タイガー

買取タイガー

買取タイガー 店舗情報

換金率 最大99%(初回利用がおすすめ!)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取店負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号
※換金率は日々変動しています


ランキング第3位
買取マンボウ

買取マンボウ

買取マンボウ 店舗情報

換金率 最大99%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取店負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号
※換金率は日々変動しています


ランキング第4位
買取レオン

買取レオン

買取レオン 店舗情報

換金率 最大99%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最短15分
振込手数料 無料(買取店負担)
備考 古物商許可番号:大阪府公安委員会 第621150153419号
※換金率は日々変動しています。

ランキング第5位
買取デラックス

買取デラックス

買取デラックス 店舗情報

換金率 最大98%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取店負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号
※換金率は日々変動しています

ランキング第6位
買取ボブ

買取ボブ

買取ボブ 店舗情報

換金率 最大99%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 即日プラン:20分~60分
ゆとりプラン:1時間~6時間
振込手数料 無料(買取店負担)
備考 古物商許可番号:東京公安委員会許可店 第308870607704号
※換金率は日々変動しています


ランキング第7位
買取キッド

買取キッド

買取キッド 店舗情報

換金率 最大98%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最短15分
振込手数料 無料(買取店負担)
備考 古物商許可番号:大阪府公安委員会 第621150153419号
※換金率は日々変動しています


ランキング第8位
ギフトグレース

ギフトグレース

買取キッド 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込スピード 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2時間から5時間
翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(買取店負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号
※換金率は日々変動しています


ランキング第9位
買取はバイカ

バイカ

バイカ 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最速10分
振込手数料 無料(買取店負担)
運営者情報 七福堂
※換金率は日々変動しています


ランキング第10位
買取本舗

買取本舗

買取本舗 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取店負担)
備考 七福堂がサービスを運営
※換金率は日々変動しています

Amazonギフト券を利用した詐欺事件が多発しています

クレサポでご紹介している記事でもAmazonギフト券を利用した詐欺行為が悪徳詐欺集団によって行われていることは、記載しているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

ここ最近では、Amazonギフト券以外にもnanacoカードやiTunesカードといった電子ギフト券を利用した不当な搾取を行う詐欺被害が多く新聞やニュースでも取り上げられています。

詐欺集団の一般的に認知されている手口は、オレオレサギに似たような手口で公共料金等の料金未払いがあり、今すぐに支払いをしなければ大変なことになるというように、相手を混乱されるような言い回しで、近くにあるコンビニエンスストアやドラッグスト等でAmazonギフト券を購入させ、そのコード番号をすぐに教えるように要求してくるといった手法が多いようです。

このような詐欺行為に騙されないためにも、Amazonギフト券などのギフト券のコード番号は絶対に人に教えないように注意して下さい。

Amazonギフト券のコード番号を教えてしまった後では、警察に被害届を出したところで、詐欺グループに教えてしまったギフトコードはすでに利用されている事が多いので、被害にあった金額が詐欺集団から取り戻せる可能性はほとんどありません。

これまで、新聞やニュースなどで発表されているAmazonギフト券を利用した詐欺の総額は20億円以上にのぼると推測されています。

このような状況もあり、警察からも買取サイト側にAmazonギフト券カードタイプの買取を控えるように行政勧告が出されているケースもあります。

Amazonギフト券はお金と同等の価値のあるギフト券なので、詐欺集団にとっては現金をだまし取るよりも見つかる可能性の低い商品として利用されてしまっているといった現状があります。

このような被害に遭わないためには、日常生活において、ご家族で、特に高齢者の方がいるところでは、しっかりと情報を共有を工夫し、なりすましの電話や連絡等に気をつけ、未払金の支払いに関しての連絡があったとしても、自分の知らない未払金についてはしっかりとご自身で確認を取った後に支払いを行うなど、普段から話し合いをしておくことで未然に防げるのではないでしょうか。

このような詐欺被害は、得てして、自分に限っては大丈夫だと思われる方も多いと思いますが、大切なご家族の方やご友人の方で、ギフト券に関する知識のない方が被害に遭われてしまうことは全くないとは言い切れないと思います。

十分に注意しておくことが必要です。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

吉澤 真司

1978年生まれ、東京都出身。大学卒業後、ノンバンクの事業者向けローン会社に就職。不動産担保を主とした貸付業務(抵当権設定など)を担当→10年間の勤務を経て、某財閥系不動産会社に転職。債権回収業務を担当する子会社に出向し5年間勤務 。現在は、同不動産会社の社内SEとして勤務しながら金融・不動産業界の営利主義に嫌気がさし、利用者に少しでも為になる情報を発信したいとフリーのライターとして活動。

-Amazonギフト券現金化

Copyright© クレサポ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.